SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ビックフェイス田原のビックな話

YANAGIHARAボクシング&フィットネスジム 田原淳二のブログです。
<< 332R〜 勢い! | main | 334R〜 完治! >>
333R〜 世界戦!
0
    本日の世界戦は、やはり僕の予想通りの結果となりましたね冷や汗

    大毅はあんまり好きな選手ではないし、坂田選手を応援する気持ちがあったんですが、今現在の立場とファイトスタイルを考えた場合、この様な結果になるのは容易に想像出来た。

    坂田選手は挑戦者らしく、終始前進し手数を出していましたが、それだけでした。

    手数を出すのは、何の為?

    本来なら、相手を逃げ場の無いコーナー等に追い込み、そこで仕留める為なんではないでしょうか?

    しかし坂田選手のそれは、一発一発のパンチに殺気がこもっていないように感じ、最初から判定を意識したものの様に思えた。

    そんなパンチでは相手には効かないし、もちろんポイントも取れないように思う。

    もし今日この2人の立場が逆で、坂田選手がチャンピオンでの防衛戦であれば、この戦いで間違えでは無いと思うし、おそらく坂田選手の手が上がっていたように思う。

    判定は以外な程に差は開いたが、大毅の勝ちは間違えなかったでしょう拍手

    もっと言うなら、最近の大毅はジャブを打つようになったので、もっとジャブを多用していればもっと楽な試合展開になるとよんでいましたが。。

    まあ、戦った本人達にしか解らない強さなんかもありますし、実際僕が戦ったとしたら・・・恐らく中盤TKO負けでしょうけど悲しい

    僕の居るフライ級の世界戦を見て、色々考えさせられました。

    前出したO先生が言ってましたが・・・
    「自分がイメージした事は出来るようになるが、イメージ出来ない事は絶対に出来ない。」とグッド

    現時点でも、大毅や坂田選手とは試合にはなるでしょうが、清水選手や久高選手だと、触れる事さえ出来るイメージが湧かないので、おそらく今の僕の力はそんなモノでしょう汗

    亀田家の好きなところは、きちっと練習しているところですグッド

    では、無尽蔵のスタミナを誇り、練習をきっちりこなしている坂田選手が勝てなかった理由は・・・・

    ズバリ引き出しの差。

    練習を頑張るのはプロボクサーなら当たり前の事であり、例えば早いジャブを打ちたいなら早いジャブを打つ為の練習を頑張る事!
    ただ鏡の前でシャドーして・・ではなく、今何の練習をしよる!!だとか、自分の動きをイメージして、練習に取り組むことが大事だと思う。

    つまりは、イメージ力の差ではないでしょうか見る

    大毅と話たことはないので、本当の事は良く解りませんが、チャンピオンになるまでは色んなプレッシャーもあり、ボクシングを楽しめていなかった気がするが、大毅が短期間に成長した!上手くなった!!と言われる由縁は、今ボクシングを楽しんで、自分で考えて、普段の練習に取り組んでいるからではないでしょうか?

    元々の才なんかがありますので、僕の伸び率はそんなにありませんが、僕も前々戦〜前戦の間でそのことに気づき、今が一番強くなっていると思うし、これからももっともっと強くなると思ってます楽しい

    ボクサーは、ジムに居るだけが練習では無くバッド常に自分の動きなんかをイメージする事が大事だと僕は思いますグッド

    イメトレは、何のズリネタもない塀の中で一年を過ごし、事を済ましていた銃僕ですから・・得意分野であります楽しい

    とりあえず・・

    清水日本チャンピオンは、早く世界に行ってくれないかな〜楽しい
    と想う今日この頃です。

    こちらの応援も忘れずに↓


    人気ブログランキングへ

    ではジョギング
    | blog | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://bean.yanagihara-gym.com/trackback/856606