SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ビックフェイス田原のビックな話

YANAGIHARAボクシング&フィットネスジム 田原淳二のブログです。
<< 247R〜 三兄弟! | main | 249R〜 今日のHIJIIジム! >>
248R〜 第三の男!
0
    今回は、僕らが試合をする上で欠かす事の出来ない!

    ジャッチやレフェリーについて、語っていこうと思う拍手

    ボクシングの試合中リングに上がる事が出来るのは、対戦する選手達と、そう!レフェリーの三人だけです見る

    現在のプロボクシングの試合は、JBC=日本ボクシングコミッションルールに基づき、試合を円滑に進行させるレフェリーが一名と、リング下で採点をするジャッチが三名居て初めて行なわれている!

    ボクシングの試合、不当な判定がある!だと言う声が上がっている現状ですが・・・

    このジャッチをする人達にも、僕ら選手と同じようにライセンスが発行されているプロだという事は、ご存知でしょうか?

    僕らに、A級B級C級とあるように、このライセンスにもランクがあり、世界戦のジャッチを務める事の出来る、国際A級ライセンスなるような物があるらしいですびっくり

    僕らは、ジャッチとしては素人で、この判定はないだろ!!
    といった事を口にする事もあります。

    しかし、あらゆる角度から採点している訳で、見る角度や見方によっては、採点が割れる事も仕方ないのです。

    例えば、手数を有効とするジャッチも居れば、ダメージ=有効打をポイントとするジャッチもいます。

    ボクシングの採点方法は減点法になっていて、1R始まった時の選手の持ち点は10点あり、劣勢な方に9点を付ける!又、ダウン1回奪われると8点、2回で7点とどんどん減点されていくシステムです!

    僕の場合は6Rですので、10×6で満点なら60点あり、勝負の行方が判定にいき、60対何々と出る事を、俗にフルマークと言う!

    ボクシングの試合、よく地元判定と言う言葉を耳にしますが、皆さんが見てもどっちもどっちのRなんかありますよね?本来なら10対10という採点になるところですが、現在のプロボクシングでは、なるべくどちらかに振り分けるようにと、10対9を付けるようになっている。

    そんな時ジャッチも人間ですから、当たってもないでも(お〜!)と言う声が上がったり、地元選手を応援する声が大きければ、そちらの方が有利ととらえ、採点が10になり、相手が9になるのです!

    これを卑怯だと思うんなら、応援してくれる仲間を呼べばいいだけの事!
    各Rで圧倒的に相手より上回り、ポイントを奪えば良いだけの事でしょう!

    後からレフェリーが、ジャッチがどうだ、とか言う奴はそこで自分の成長を止めてますねバッド

    よっぴーが何試合か連続で勝ってると思われる試合を引き分けや負けにされた時があった!

    僕ら身内は腹かいたが、よぴだけはその結果を真摯に受け止め自分に足り無い物を改善しようとしたグッド

    ごちゃごちゃ言わんで倒したらいいやん!

    と、おっしゃる気持ちはごもっともですが、狙ってKOが出来る程、甘い世界ではない!

    相手もプロボクサーで、上になればなる程難しくなる!!

    ここ迄言えば、僕のブログ愛読家の方なら解りますよね?


    そう、タイトルにも書いた第三の男とは・・・ジャッチやレフェリーの事であり、このブログを見た皆さんの事なのです見る

    チケットのお問い合わせはこちら↓

    YANAGIHARAボクシング&フィットネスジムHP

    我々柳原一家が全勝出来るように、7月4日YANAGIHARAジム第2弾の興行に是非会場迄足を運んで頂いて、僕らのご声援宜しくお願いしますm(__)m

    人気ブログランキングへ

    ではジョギング
    | blog | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://bean.yanagihara-gym.com/trackback/838023